くろがね工房


チェコ旅行記? 博物館編

投稿者: gachopin, カテゴリー: 旅行記

航空博物館へ向かうため、地下鉄Cの終点、レトニャニ駅へ。
20121025171058DSCN969020121025190836DSCN0033
レトニャニ駅からはバス乗って航空博物館前へ。この博物館の開館は、5月から10月。
20121025170838DSCN968920121025172408DSCN9692
L-159、ミグ、スホーイ、ドラケン、ビゲン、ハインド、ヒップ、Bf109、Me262、La7などなど、軍用機好きにはたまらない展示が多数あり、しかも無料で入れます。
(一部スクラップ置き場になっているところが撮影禁止)
航空博物館の写真は別ページにまとめました。

次はプラハ中央駅(プラハ・フラヴニ・ナードラジー駅)へ戻ります。
20121025194006DSCN003420121025194444DSCN003820121025194608DSCN0039
お昼に何を食べるかなと周りを調べると、?ピザ屋がありました。その名も「ミクルカ」。
ボーカロイドとは縁もゆかりもありませんが、名前に惹かれたので向かいます。
20121025200512DSCN0042
席に案内され、店のおねーさんから「ネウミーム、チェスキー?」(チェコ語は話せない?)と言われました。「イングリッシュ!」と答えると、英語のメニューを渡してくれました。
20121025195518DSCN0040
ピルスナーウルケルを飲みつつ、地図を確認しつつ(ipad wifi版で現在位置を確認)、四季のピッツァを注文。
20121025200748DSCN004320121025201832DSCN0045
とても美味しいピザでした。2枚目の写真の黒い飲み物は、「この黒ビールをくれ。同じ量で。」と伝えて出てきたコーラです。コーラだったのか・・・

満腹になったところでチェコ中央駅の北東にある軍事史博物館に向かいます。
20121025203022DSCN004620121025203244DSCN004720121025203852DSCN0048
大規模な工事現場を見ると、景観を壊さない努力が伺えます。
20121025211358DSCN005120121025212026DSCN005420121025212202DSCN0055
途中でミリタリーショップに寄って軍服などを見つつ、博物館に到着。
T34がお出迎え。アドオンを製作したので感動もひとしお。
係の人に、「展示物に触っちゃだめだよ」「写真撮影はOKだよ」等の説明を受けてから見学スタート。
1次大戦?2次大戦時の銃や大砲、軍服、当時を再現した模型など、見所たくさん。しかも無料。
展示物の写真はここにまとめました。

その後ミュシャ美術館を見ました。撮影禁止なので中の写真はありませんが、、、
20121025220054DSCN020720121025222318DSCN020920121025225400DSCN0210
ミュシャの油絵等も見ましたが、やはり線画のポスター絵が映えます。ため息がでるほど美しい。
主に線で構成されている絵で親和性が高いのか、日本の漫画やイラストで多数の引用を見かけます。鉛筆デッサンの草花が精緻でした。

ミュシャ博物館の近くにある、共産主義博物館へ。
写真を撮り忘れましたが、最初の案内看板の絵はキバをむいたマトリョーシカです。
チェコの戦後はソ連の影響が濃い共産主義時代が続きました。今の住民にとっては黒歴史化していると思います。
ここのおみやげの一つに、ユーモアたっぷりの共産主義をバカにする絵ハガキがありました。
20121025231738DSCN021120121025231842DSCN0212
この博物館の隣はカジノ。
20121025232020DSCN021420121025232030DSCN021520121025232036DSCN021620121025232044DSCN021720121025232058DSCN021820121025232138DSCN0221
プロパガンダポスターがいっぱい。東欧ならではの展示物。
20121025232120DSCN022020121025232106DSCN021920121025232310IMG_0027
マルクス、レーニン。真っ赤っ赤ですね?
20121025232338IMG_003020121025232354IMG_003120121025232433IMG_003420121025232452IMG_003620121025232532IMG_003820121025232609IMG_004020121025232703IMG_004320121025232709IMG_004420121025232745IMG_0047
ペレストロイカ、ビロード革命、そして民主化、チェコとスロバキアの分裂へ。

コメントする

チェコ旅行記? ビール編

投稿者: gachopin, カテゴリー: 旅行記

ウースチーナドラべムからプラハに戻ります。
20121024232440DSCN9626 20121024234458DSCN963120121025000414DSCN963220121025000958DSCN963520121025003946DSCN963620121025004756DSCN9639
もちろん、ビールを飲みに行きます。
20121025010632DSCN964420121025013122DSCN9648
金のトラという有名な酒場。もやしもんに出てきました。ビールの器ををざばっと洗うとこです。クリントン大統領も来たとか?
入ったら非常?に混んでいて、ウェイターも案内どころか、話しかけてすらくれません。
うろちょろした後、日本人観光客らしい二人組がいたので相談。「立ち飲みなら飲めるっぽいですよ」とのこと。
太い腕に立派な入れ墨をしたオッサンに「ピヴォ プロスィーム」と頼みます。即、「金を払え」のジェスチャー。その場で払います。
20121025012728DSCN964520121025012734DSCN964620121025012956DSCN9647
ピルスナーウルケルのようですが、めっちゃうまい。

腹も減っていたので、向いの地下のレストランに移動。プシュキンという、1500年代のワインセラーを改造した店とか。
20121025013938DSCN965020121025013844DSCN964920121025014132DSCN9652

チェコの伝統料理、牛肉のグラーシュを食いつつ、ウルケルを飲みます。グラーシュはシチューのような味。クネドリーキというパンをつけていただきます。
MONSTERで、村の老人医師の好物でしたね。
20121025020144DSCN965620121025020304DSCN9658
次にチーズを頼み、黒ビール(Kozelの黒)を飲みます。チーズ多い、が日本のチーズよりうまい。塩味が日本より薄くて良い。
20121025023542DSCN965920121025023550DSCN966020121025023614DSCN9662

ビールの美味さに感動しつつ、チェコの夜はふけてゆくのでした。

コメントする

チェコ旅行記? chernarus聖地巡礼編

投稿者: gachopin, カテゴリー: 旅行記

ホテルのラウンジの無料wifiを利用してipadで天気予報を見ていたら、滞在中に天気がだんだん悪くなりそうです。そこで、プラハのCITY BIKE PRAGUEに移動。
20121024173508DSCN9545
このレンタサイクル屋は火薬塔の近くにあるのですが、探すのに苦労しました。
店の主人は英語が非常に堪能・かつ分かりやすいので安心できます。
私はマウンテンバイクを借りましたが、セグウェイが置いてあったので借りることが出来るかも。(専用ツアーだけ? )
20121024194056DSCN9549
初のチェコ電車にして初の輪行。キップ売りのおばちゃんに「自転車も一緒に載せる」と何度も伝えたのにうまく伝わりませんでした。
しかし輪行はなんとか完遂。どうやって輪行を実現したかは、#aminocycloの同人誌の記事に載せる予定です。お楽しみに。
20121024194244DSCN9550
ウースチーナドラべム駅です。右側通行を意識して自転車を進めます。
20121024195508DSCN9552
チェコの横断歩道。カチ、カチと音がして、青になるとカチカチの頻度がアップします。
予告無しにいきなり赤になります。最初はびっくりする。

以下ウースチーナドラべムからポヴルリの写真を掲載します。
ポヴルリは、PCゲーム「ARMA2」及び「DAYZ」の舞台となった場所で、道路や地形が現実に即しています。実はこの記事が私がチェコ旅行を決めた理由なのです。
20121024195514DSCN955320121024195522DSCN955420121024195640DSCN955520121024195646DSCN955620121024200136DSCN955720121024200252DSCN955920121024201828DSCN956020121024201844DSCN956120121024201952DSCN956220121024202052DSCN956320121024202312DSCN956420121024202316DSCN956520121024202526DSCN956620121024202532DSCN956720121024202544DSCN956820121024202554DSCN956920121024203032DSCN957120121024203324DSCN957220121024203526DSCN957320121024203530DSCN957420121024203538DSCN957520121024203616DSCN957620121024203654DSCN957720121024203702DSCN957820121024203914DSCN957920121024205226DSCN958020121024205446DSCN958120121024210004DSCN958220121024210008DSCN958320121024210018DSCN958420121024210026DSCN958520121024210042DSCN958620121024210118DSCN958720121024210122DSCN958820121024210132DSCN958920121024210248DSCN959020121024210308DSCN959120121024210312DSCN959220121024210350DSCN959320121024210522DSCN959420121024210526DSCN959520121024211226DSCN959720121024211408DSCN959820121024211412DSCN959920121024211848DSCN960020121024212052DSCN960120121024212644DSCN960220121024212650DSCN9603
ARMA2のみならず、operation flashpointからゲームに存在する建物が多く見れて、ファンとして幸せな時を過ごしました。

コメント(3)

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。