2020/3/10 火曜日

arma3で島をつくる その6

Filed under:   ─島編 — gachopin @ 7:00:49

神社を置いてみた。
20200310064829_1

ここのモデルを使用させていただきました。

2020/2/14 金曜日

arma3で島をつくる その5

Filed under:   ─島編 — gachopin @ 0:13:58

リヴォニアMAPの木をミッションエディタ(map builder)で配置してインポート可能になりました!
terrain_builder_enoch
Vegetation_F_Enochをextract pboにかけてP:\に解凍しtemplate librariesに追加すればOK。

2020/2/2 日曜日

arma3で島をつくる その4

Filed under:   ─島編 — gachopin @ 22:30:53

buldozerの設定でえらい苦労したのでメモ。
buldozerの参考
terrain builderの参考
上記サイトはかなり参考にはなりますが、私が使用しているarma3 toolsがbeta版なせいか、buldozerはうまく動きませんでした。テクスチャやモデルが反映されません。
現時点でいろいろ試した結果、現在は下記の通り設定してうまく動いています。
◆ARMA3 toolsのoption
Path to Arma3 Directory:Arma3のインストールフォルダ
Path to your P Drive:Pドライブのフォルダにしている場所を絶対パスで指定
◆ARMA3 toolsのBuldozer Configurator
Object Builder and Terrain Builderを選択
Use Buldozer from install directory of the gameのチェックを外し、Pドライブのフォルダにしている場所を絶対パスで指定、Apply configuration
◆terrain builderの設定
.exe file path:P:\buldozer.exe ←64bit版だとカーソルを動かせない
Launch parameters: -buldozer -name=Buldozer -window -exThreads=0 -disableSteam -noAsserts -cfg=p:\buldozer.cfg
Data directory: P:\
◆ついでにobject builderの設定
P:\buldozer.exe -buldozer -name=Buldozer -window -noLand -exThreads=0 -noLogs -noAsserts -cfg=p:\buldozer.cfg
◆Addon BuilderのOPTIONSで追記したもの(少なくともshp,cfgは追記が必要と思われる)
*.wrp;*.shp;*.dbf;*.prj;*.shx;*.cfg;

2020/1/25 土曜日

arma3で島をつくる その3

Filed under:   ─島編 — gachopin @ 12:52:28

地形編集のメモ
・以下の手順でL3DTで編集した地形データをterrain builderに持っていける
(過去記事で紹介済みの手順)
1.国土地理院から地形データを取ってくる
2.xml編集(-9999を任意の高さに置き換え)
3.基盤地図情報標高DEM変換ツールでtif生成
4.tif読み込み
5.terrain builderでmapframe作成
(ここから新しい手順)
6.map frameをつくる
7.export -> terrainでterrain builderで作った地形データを出力
8.L3DTで編集、map frameで囲った地形のうちデータが存在しない箇所が0mなので任意の高さに修正したり、砂浜はなだらかな地形にしたりする
l3dt_edit
9.ascでエクスポート
10.ascをテキストエディタで開き、xllcornerとyllcornerの値をmap frameの緯度経度の値に書き換える
11.terrain builderで編集したasxをimport terrainで読み込む
island_0125

2020/1/1 水曜日

gac jsdf v1.1

Filed under: gac_JSDF,アドオン — gachopin @ 22:49:29

お年玉どうぞ!
CBA_a3が必要です。

新機軸
・64式小銃
・38式歩兵銃
・防弾チョッキ3型
・軽装甲機動車にミラーをつけた
・89式小銃、MINIMIにマガジンの互換性をつけた(=見た目がマガジンによって変わる)
・飛行機の車輪にphysxを導入、離着陸時にがたがたしなくなった

バグFIXなど
・KLXドライバ、P220のアニメ微修正
・89式小銃のレールの位置調整
・MINIMIのリロード音変更
・ハンドルの回転角度縮小
・スクリプトエラーの解決
・銃の音変更
・ライフルグレネードはmodelspecialを使用するようにした

v11_1

v11_2

v11_3

v11_4

steam(gac JSDF v1.1)
steam(gac JSDF RHS compatibility files)

2019/3/21 木曜日

64式小銃その2

Filed under: gac_JSDF — gachopin @ 20:01:53

もう少しかかります。
0321_type64

2019/3/3 日曜日

64式小銃

Filed under: gac_JSDF — gachopin @ 20:53:41

YAG3のモデルをベースに高解像度化に着手中
type64_0303_4
照準器。
type64_0303_5

2018/9/24 月曜日

arma3で島をつくる その2

Filed under: Armaアドオン製作支援,  ─島編 — gachopin @ 18:22:52

先ほど作成したmapframeをスクリーンショットで撮ります。
この青四角で囲った範囲が島の画像として使用されます。
国土地理院のサイトで衛星画像をとってきて、上記のスクリーンショットに重ねるように画像を加工します。
4_satelite
次に、Layers.cfgで定義するレイヤ画像を作成します。
今回は簡易に砂浜か、緑かで分けます。
衛星画像の緑をざっと範囲で囲って塗りました。
5_layer
どちらもpngで保存します。
files→import→satelite imagesで衛星画像を、files→import→satelite mask imagesでレイヤ画像を読み込みます。
ここで大きさを調整。その1でresolutionが1.285742だったので、1280にこれをかけてリサイズします。
6_resize_image
上記の準備が出来たらmapframeにてこのようにオプションをつけてGenerate layersをクリックします。画像が自動分割してpaaが生成されます。
7_mapframe
近づくとlayer.cfgの定義に沿って草のテクスチャが貼られたことがわかります。
8_land_texture

arma3で島をつくる その1

Filed under: Armaアドオン製作支援,  ─島編 — gachopin @ 16:54:29

arma3で簡易な島を作ってみます。
まずは国土地理院のサイトにユーザー登録しましょう。
ここのサイトの数値標高モデルを使用します。
国土地理院のデータを利用したものを公開する際は出典を明記すればよいようです。
詳しくはこちらの利用規約を参照。
今回はこの地形を利用します。
1_dem_source
zipファイルの中に5mメッシュのxmlが入っているので解凍します。今回はP:\gac_ohkunoに解凍しました。
ここでテクニック。armaでは「海水面,-9999」など、-9999となっている箇所は0mと認識され、海でなくただの浅瀬になってしまうのでnotepad++などで「-20」に変更します。(-20mと認識される)
今回は908696箇所が-9999でした。
次にこのツールを利用してtifファイルを作成します。
まずはconvert_and_merge.vbsを起動。LatLong(0)、「はい」の順で選択しxmlファイルを置いたフォルダを選択します。
ocean levelはYes(0)でOK。
次に、terrain builderを起動します。
準備として、tools→preferencesにて「Data directory」をP:\に、「Project directory」をP:\gac_ohkunoに変更します。また、同階層にフォルダ「data」「source」
buldozerのパスはP:\Buldozer.exe、パラメータは-buldozer -name=Buldozer -window -exThreads=0 -disableSteam -noAsserts -cfg=p:\buldozer.cfgにしておきます。
次に、file→import→terrainsを選択、取り込みたいtifを選択します。今回は大久野島だけほしいので51323769.tifと51323779.tifだけ選択。
(全てのtifを選ぶ場合はファイルの種類をall formatにしてmergeLL.vrtを選択しないとエラーになります。)
こうなります。このように少し斜めになっています。
2_tif_import
これにmapframeを追加します。
Mapframes→Add mapframeを選択し島を囲います。
気にするポイント
1.Locationタブ
Nameに島の名前を入れます。OutputrootはP:\gac_ohkunoを指定。
2.SamplersタブのSatelite/Surface source imagesのSize
mapの地形画像の分割に影響します。分割できないサイズだとmapにテクスチャが貼られません。今回は1649×1649から変更し、1280×1280としておきます。
(分割可能なサイズでないと3.のRebuild terrainが押せません)
3.ProcessingタブのLayers.cfg
mapの地形を色分けした画像を別に用意する必要があります。
この色分けがなんの地形なのか、を定義するのがこのcfgファイルです。
source配下に設置し選択します。あとでサンプルをUPします。
4.Rebuild terrain
とりあえずRebuild terrainを押してOKをクリックします。
狭い地形なので島の外が海じゃないのが分かっちゃいますね。
3_terrain_only

2018/9/10 月曜日

島のテスト

Filed under: その他 — gachopin @ 6:46:01

地形データを読んでテクスチャを表示させる方法がやっと分かりました。
使用しているのはterrain builder。
ポイントは解像度とブルドーザーのオプションでした。
island_0910

次ページへ »

HTML convert time: 0.297 sec. Powered by WordPress ME