2007/9/15 土曜日

Arma用島作成? オブジェクト

Filed under: Armaアドオン製作支援,  ─島編 — gachopin @ 17:23:12

直感的な操作なので簡潔に説明します。

準備としてArmaのbuilding.pbo misc.pbo plants.pbo road.pbo rocks.pbo 他必要なものを解凍し、
P:\Ca\に置いておきます。

visitor3を起動します。ブルドーザも起動したままでalt+tab(画面切り替え)しながら作業をしていきます。

tool -> Project preferences でFolder – ObjectsがP:\CA\になっていることを確認します。

back.jpg
マスクやサテライト画像からこんな画像を作ってBMPとして保存し、F7(BackGroundImage)で表示させると編集が楽です。
↑必ずしも必要ありませんが。

まず植物からいきますか。
tools -> Nature Objects ->Add/BrowseでPlantsフォルダの3dモデルを登録します。
clutterがファイル名につくものはすごく小さい草とか、キノコ等のようです。

登録してF2 Natural Objectsを選択し、マップをダブルクリックして置けます。
置いたらブルドーザで確認しましょう。

オブジェクトを選択してダブルクリックすると高さや大きさや向きが厳密に設定できます。
tree.JPG
こんなオバカなこともできます。

オブジェクトの置き方はまだほとんど試してませんが、道路以外はカンタンにできそうです。

Arma用島作成? RVMAT PAA

Filed under: Armaアドオン製作支援,  ─島編 — gachopin @ 15:10:05

?でテクスチャパスを設定していれば、P:\TERisland\data\Layers にpngファイルとRVMATファイルが作成されます。
しかし、現状のArmaはpngをサポートしていません。
つまり、このままではテクスチャが反映されません。テクスチャとRVMATを補正する必要があります。

RVMATのファイルの、文字列の変換
まずはRVMATファイルの補正から。
数十個のファイルを手作業で補正するのは骨なので、一括変換できるnotepad++(フリーソフト)を使用します。
(ほかにもっと軽いテキストエディタがあったら誰か教えてください。)
“種類”でLayersフォルダの中身を並び替えて、RVMATファイルのみを全選択し、ドラッグ&ドロップします。
rvmat.JPG

Serch -> Reprace でダイアログを出し、
FIND what: png
Replace with: paa

としましょう。

Replace all in all opened documentsで一括置き換え、
File -> Save Allで全て保存、
File -> Close all Allで閉じましょう。
これでRVMATの準備は完了です。

pngファイルの、ファイル形式変換(paa生成)
次にpngファイルをpaaファイルにします。
これも何十個も変換作業をしたら大変なので、一括変換のバッチファイルを作成します。
LayersフォルダにTexView 2フォルダのijl15.dll、Pal2PacE.exeをコピペします。
そして空のテキストを作成します。
テキストの中身は
Pal2PacE *.png
と書いてください。
書き終わったらテキストを適当な名前.batにリネームして実行しましょう。勝手に全pngファイルをpaaに変換してくれます。

これで補正作業は完了です。pngファイルは不要なので捨ててかまいません。

ブルドーザを起動しましょう。テクスチャが反映されているはずです。
ブルドーザを起動したままProject -> Export WorldでTERislandフォルダ直下にwrpファイルに保存します。
これはArma専用形式なのでvisitorで開けません。
visitor3専用形式はSave asで拡張子pewをつけます。あとでいじりたいときのために保存しておきましょう。
注:この時点で挙動がおかしい場合はどこかが間違っています。ファイルパスやテクスチャサイズを確認しましょう。

visitor4.JPG
私はサテライト画像をterragenで作成してみました。
無料バージョンでは1280×960までしかサポートしていないので、画像を引き伸ばしました。
terragenでこれより大きい解像度のものを作成するには有料バージョンを買うしかないです。

衛星画像を拾ってくればそれっぽく見えることでしょう。

HTML convert time: 0.209 sec. Powered by WordPress ME