2012/7/6 金曜日

HUD表示 その1

ARMA2からHUD専用の定義が増えました。OFPまでは自作のHUDで試行錯誤していましたが、楽になったものです。
T4にHUDを追加するべく、定義していきます。
説明はこちら

HUDは2D表示でアニメさせることで動作します。
まずモデルに[左上、左下、右上]3つのメモリポイントを定義します。
座標の考え方は左上が[0,0]、右下が[1,1]です。
HUDはCfgvehiclesにclass MFDを置くことで実現します。

class MFDは以下で構成します。
1,モデルで置いたメモリポイントを定義
2,表示範囲を座標で定義
3,色を定義
4,Boneのリスト(HUDの動きの定義)
5,Drawのリスト(線、文字の定義)

ここに置きたい。
hud1
こんな感じで名付けました。(余計な点と面は気にしない方向で)
hud2
追記:memory point LODに追加します。model.cfgへの追記は不要でした。
つづく

HTML convert time: 0.156 sec. Powered by WordPress ME