2012/8/19 日曜日

建物を作ろう 上級者編 その? 廃墟の表現(BISの廃墟の流用法)

Filed under: Armaアドオン製作支援,  ─house編 — gachopin @ 14:08:02

今回のファイルはこちら

建物を作った後、廃墟のモデルを用意するのは面倒なものです。
そこで、最も簡単に廃墟に置き換わる方法を解説します。
弄るのはconfig.cppだけ。
Houseの継承の部分を少し書き換えて、DestructionEffectsを利用できるようにします。
class HouseBase;
class House: HouseBase
{
   class DestructionEffects;
};

あとは建物のクラスに以下を追記します。

 class DestructionEffects: DestructionEffects
 {
   class Ruin1
   {
   smulation = “ruin”;
   type = “3dモデルのパス“;
   position = “”;
   intensity = 1;
   interval = 1;
   lifeTime = 1;
   };
 };

BISのモデルを流用して3dモデルのパスの部分に書けば、それだけでOKです。
CfgPatchesのrequiredAddonsにCABuildingsを追記しましょう。
(廃墟モデルを自作する場合は廃墟のクラスを別に作成する必要があります)

d6
こんな感じ。

では、作った建物と似た大きさのBISの廃墟はどうやって探せばよいか?

→CABuildingsの廃墟ビューワ―を作ってみたのでご覧あれ。
d5
Flagの位置に廃墟が出て、W、Sで切り替わります。
Flagの近くに作成中の建物を置いたりして、似たような大きさの廃墟を探してみるのがよいかと。
p3d名の一部をメモって、test.txtで検索すると便利と思います。


補足:
ミッションフォルダの中のExtract_Class_Model.plは、config.cppの中からクラス名とp3dのパスをミッション中のスクリプトで使う形に加工してtest.txtに出力するperlのスクリプトです。perlはこういうとき便利ですねぇ。
多分Cabuilding2でも動くと思うので、改造はご自由に。

廃墟ビューワーはこちら

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.234 sec. Powered by WordPress ME