2014/2/19 水曜日

スクリプトでトリガーを置くためのメモ

Filed under:   ─スクリプト編 — gachopin @ 0:34:37

ARMA2/3用のメモ

スクリプトだけでトリガーを作るのに、けっこうクセがあります。
注意するポイント
1.トリガーを指定の場所に作ってもtriggerAttachVehicleしないと動かない
2.setTriggerActivationの1つ目の引数は文字列じゃないと認識しない(side player等はダメ、”WEST”等。)
一度習得してしまえばミッションでトリガーを置く面倒から開放されます。
下記の例ではプレーヤの周囲半径200mの友軍を検出して_unitsに格納しています。
例)
init.sqf ←呼び出し元
[player,200,side player] execVM “trigger.sqf”;

trigger.sqf
_p = _this select 0;
_radius = _this select 1;
_side = _this select 2;

_trg=createTrigger[“EmptyDetector”,getPos _p];
_trg triggerAttachVehicle [_p];
_trg setTriggerArea[_radius,_radius,0,false];

if(_side == WEST)then{_trg setTriggerActivation [“WEST”, “PRESENT”, true];};
_units = list _trg;

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.153 sec. Powered by WordPress ME