2008/8/29 金曜日

車を作ろう? ガラスのダメージ

Filed under: Armaアドオン製作支援,  ─車編 — gachopin @ 15:35:44

これは車の定義に必須ではありませんが、私は常々面倒で避けていたのであえて作ります。

まずモデルからガラス部分だけ抽出して全部正面に向け、SSを撮ります。
car47.JPG
512×256に画像の大きさを変更し、貼り付けておきます。
car48.JPG

これから用意するテクスチャは、?壊れていないときのテクスチャ ?半壊したテクスチャ ?全壊したテクスチャです。
car49.JPG

ガラスの壊れ方の定義は、「右のガラス」か「左のガラス」しかありません。
ここでは「右」を「正面と後部のガラス」 「左」を「横のガラス」として定義していきます。

まず0LODのガラスで正面と後部をsklo predni Pと名付けます。横のガラスはsklo predni Lと名付けます。(viewCargoLODも同じように)
FireGeometryのガラスの当たり判定の部分にも同じように名付けます。
そして、firegeometryの窓にca\data\data\black.pacを貼ります。ARMAではこれを貼らないと窓が壊れても銃弾が貫通しません。

そしてhitpointsLODを作成しガラスの真ん中あたりに点を置いてsklo predni P、sklo predni Lと名付けます。
car50.JPG

あとはmodel.cfg内のcfgmodelsのsections[]=に”sklo predni P”と”sklo predni L”を追加。
config.cppのcfgvehiclesにHitLGlassとHitRGlassを追加、dammageHalfとdammageFullにテクスチャを定義します。

class HitLGlass {armor=0.1;material=-1;name=”sklo predni L”;visual=”sklo predni L”;passThrough = 0;};
class HitRGlass : HitLGlass {name=”sklo predni P”;visual=”sklo predni P”;};

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.133 sec. Powered by WordPress ME