2008/3/2 日曜日

フランス料理

Filed under: その他 — gachopin @ 12:40:00

昨日某店でフランス料理を食べてきました。
あまりにウマカッタので写真を載せときます。

zensai.JPG
ホタテとイチゴ。
貝とイチゴの甘さが意外に合う。上品な甘さ。

sarad.JPG
イベリコ豚のサラダ。脂が口の中でとろける。

mainf.JPG
サクサクのパイ生地の上にあっさりと甘く煮たリンゴ。そしてその上にフォアグラ。
今回のフォアグラは熱を通しても縮まない、とても良質のものだったという。
確かにコゲ色がついているのに形は大きく整ったままだった。

soup.JPG
牛肉を十何キロも使って数リットル抽出したスープだとか。とても濃い風味でした。

main2.JPG
白身魚とワインを使った、まったく油を使わない料理。香ばしかった。

main.JPG
子羊の、骨の周りの肉を弱火でじっくり焼いたもの。
羊のくさみがまったく無く、羊と言われなければわからないほど。

desart1.JPG
レモンのアイスとイチゴ。甘さ控えめなアイス。

desart2.JPG
チョコレートの熱いデザート。下まで削っていくと、ベリーの甘酸っぱい味が楽しめます。

多くの種類の料理を食べる中で、非常に料理に合うワインを数種類いただき、改めてワインの楽しみの深さを知ったのでした。
料理ごとにそれぞれ合うワインがあるそうで、一品ごとにワインが飲みたかったけど、お財布の関係でガマンしました・・

2件のコメント »

  1. 美味しさがわかる舌がうらやましいです。
    子供のころよく祖父に連れらて行きましたが、好きじゃなかったです。
    その頃は肉と魚が嫌いだったらなんですけどね。
    大人になってからも経験がないせいかあんまり区別がつかなくてw

    Comment by hiiragi — 2008/3/5 水曜日 @ 15:14:16

  2. 特に心に残ってるフォアグラは、かくも料理人の腕によって味が変わるのかと感心しました。

    これからもうまいもん探します。

    Comment by gachopin — 2008/3/5 水曜日 @ 23:15:33

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.158 sec. Powered by WordPress ME